猫の顎ニキビとは?原因から治し方や拭き方まで詳しく解説

猫の顎ニキビとは?原因から治し方や拭き方まで解説

猫の顎下に黒いぶつぶつがあった場合、それは顎ニキビです。

顎ニキビといってもイメージはわかず、原因がわからなかったりどうしたらいいか悩んだりと疑問点は数多いでしょう。

この記事では猫の顎ニキビの原因や治し方、拭き方について詳しく解説します。        

猫の顎ニキビの原因

猫の顎ニキビの原因

猫の顎ニキビとはどのようなものかというと、顎の下にできる黒いぷつぷつです。医学的には「座瘡(ざそう)」といわれる皮膚疾患です。

原因として考えられるものには、以下のようなものがあります。

・皮脂の詰まりや汚れ

・アレルギー

・感染

・ストレス

・ニキビダニ

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

皮脂の詰まりや汚れ

獣医師情報サイトの獣医師パートナーによると、顎ニキビは顎の皮脂腺に過剰な産生が起こり皮脂の増加がみられてしまいます。

その結果顎の毛包が詰まり黒くなってしまうのです。ひどくなると膿がたまり炎症を起こしてしまいます。

顎ニキビは顎だけでなく唇の縁にもできやすいです。その理由は、汚れがたまりやすかったり皮脂がたまりやすかったりするからです。

顎は毛づくろいが難しいので、定期的にケアすることを心がけましょう。

アレルギー

ご飯を食べるときのお皿やご飯自体に対するアレルギーが原因となる場合もあります。

・一部のお皿に使われているプラスチックや化学物質へのアレルギー

・ご飯が合わず脂質が過剰に産生される

上記のように、猫の体に合わないものがある可能性も考えましょう。

感染

上気道にウイルスが感染した場合やプラスチックの食器の傷に繁殖する雑菌からの感染など、感染により顎ニキビができる場合もあります。

また長い時間置いてある水にも雑菌が繁殖する恐れがあるので、感染源がないかどうか注意してあげてください。

出典:獣医師パートナー「猫のニキビ」

ストレス

ストレスも顎ニキビの原因になります。例えば引っ越しして環境が変わったり猫や赤ちゃんなど新しい家族が増えたりした場合、猫にはストレスがかかります。

環境を変えざるを得ない状況は多々あるので、その後のフォローをしっかりして注意深く全身状態をみていくようにしてください。

ニキビダニ

ニキビダニ(または毛包虫)という寄生虫が、毛包の中に寄生して皮膚炎が起こります。

ニキビダニは正常猫の皮膚にも存在しますが、伝染することはありません。発症するのは免疫力が低下した猫か、弱い時期の猫と考えられています。

毛包内に角化腺が詰まってしまい発赤ができたり、悪化すると膿疱ができたりするのです。

出典:一般財団法人 日本獣医学フォーラム「猫の病気 ニキビダニ(毛包虫)」

猫の顎ニキビの治し方

猫の顎ニキビの治し方

猫の顎ニキビは状態によって治し方は異なりますが、初期や軽度であれば治し方は以下のようになります。

・外用薬

・自然治癒

猫の顎ニキビが悪化しないようにするためには、現在の状態にあったケアが必要です。そのため治し方について詳しくみていきましょう。

猫の顎ニキビがひどいようであれば、病院を受診しましょう。

顎ニキビが膿んでいたり赤かったりと感染が考えられる場合は、抗菌剤などの軟膏が処方される場合もあります。

顎ニキビの状態によって使用するお薬も変わってくるので、自分の判断で購入することは避けましょう。

自然治癒

顎ニキビが感染もなく軽度であれば、拭き取りのケアを続けていけば自然治癒する可能性もあります。

しかし一度顎ニキビができた場合、再発する可能性は大きいでしょう。

なぜなら顎は汚れやすく、皮脂がたまりやすかったり食器に付着して感染しやすかったりするからです。

顎ニキビができた場合は日頃から拭き取ってケアしていくことが大切です。

猫の顎ニキビの拭き方

猫の顎ニキビの拭き方

顎ニキビの拭き方は、ぬるま湯で湿らせたコットンやガーゼで優しくなでる方法です。

こすると取れそうなので強くこすりがちですが、皮膚を傷つけ炎症を広げてしまうので強くこすらないようにしてください。

コットンやガーゼが湿っているため嫌がってしまうかもしれませんが、押さえつけて嫌な記憶にならないよう注意しましょう。

一回で無理に取ろうとせず、優しく拭いて取れやすい状態にすると考えてください。

もし顎の汚れがひどいようであれば、猫用のシャンプーで優しく洗浄します。その時目に入らないように注意が必要です。

優しくなでる拭き方で定期的にケアしていけば、少しずつきれいになっていくでしょう。

再発を防ぐためにも、日常的に状態を観察することを習慣づけてください。

まとめ

まとめ

猫の顎下にできる顎ニキビは、感染や皮脂の詰まり、アレルギーなどが原因となってできます。

しかし赤くなったり膿んでしまったりしていなければ、日常的なケアで改善することもあります。

顎ニキビや顎の汚れを優しく拭き取り、状態が悪化しないよう気にかけていきましょう。

愛する家族である猫が苦痛なく生活できるよう、日々のケアを大切にしてください。

タイトルとURLをコピーしました