夏に体調を整える対策はどうしたらいい?それは自律神経のバランスが大切!

体調を整える対策はどうしたらいい?それは自律神経のバランスが大切!

夏の暑さは年々厳しくなっています。私はここ最近、夏の暑さに体がまいっているのを感じているのです。

それはどのような症状かというと、とにかく眠い!!朝は起きられないし、日中も眠くて作業に集中できません。

これは夏バテ?

そうですよね。夏の暑さによる体調不良なのだろうということはわかっているのです。

けれどこの暑さの中、体調を整えることは正直大変です。普通に食べて寝ているのにバテてしまうのですから。

そこで夏の暑さに負けない対策はどのようなものがあるのか調べ、私は自律神経を整える対策に注目しました。

最近、歳を重ねて体力が落ちていることを感じるので、これから先の自分のためにも体調を整える対策を知ろうと思います。

あなたも体が辛くなる前に、今の生活で大丈夫なのか見直してみませんか?

夏に体調を整えるための対策はどのようなものがある?

夏に体調を整える対策はどのようなものがある?

夏の暑さに負けない対策はどのようなものがあるのでしょう。そのキーポイントは自律神経を整えることのようです!

この「自律神経を整える」とはよく聞きますよね。これを自分の体で振り返ると、かなり乱れていることがわかるのです。

まずは自律神経が夏の体調不良にどうつながるのか、お伝えしていきますね。

夏の体調不良はどうして起こる?

夏の体調不良が起こる原因はふたつあります。それは「急激な気温の変化に体の調整が追いつかない」「冷房の使用により自律神経が乱れている」ことです。

日本には四季がありますよね。春が来て、その後徐々に気温が高くなり夏を迎え、また少しずつ気温が下がり秋から冬と季節は巡っていくのです。

その中で、私たちの体は気温の変化に慣れていきます。このように気温が少しずつ変化することで、暑さや寒さに耐えられるよう体温が調整されるのです。

けれど近年は、徐々に気温が上がるのではなく、急激な気温の変化が起きていますよね。その変化に体がついていかないことが、体調不良の原因のひとつです。

そしてもうひとつ、地球温暖化による気温の上昇で冷房を常に使用する環境が、自律神経の乱れを生んでいるのです。

自律神経の乱れとは?

自律神経の乱れという言葉はよく聞きますよね。そもそも自律神経はどのように働くのでしょう。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、両者のバランスが整い体温が保たれるのです。

ただ実際体にどのように作用しているのか、わかりにくいかもしれませんね。

交感神経は体が活動的に働くよう作用し、副交感神経は体がリラックスするよう働きかけてくれるのです。

交感神経
  • 心臓の動きがはやくなる
  • 血圧が高くなる
  • 筋肉が緊張する
  • 胃腸の働きを抑える
副交感神経
  • 心臓がゆっくり動く
  • 血圧が低くなる
  • 筋肉が緩まる
  • 胃腸の働きが活発になる

例えば仕事で企画を発表するときは、緊張して心臓がどきどきしますよね。このときは交感神経が優位になり働いているのです。

逆に、お風呂に入っているときはリラックスして落ち着くので、このときは副交感神経が優位になっています。

このように緊張とリラックスのバランスが整っていれば、夜眠れないこともなく内臓の働きに負担がかかることもないのです。

けれど、このバランスが崩れると自律神経が乱れ、様々な不調が起きてくるでしょう。

人は、暑ければ汗をかき体の熱を出して冷やすようにできています。

けれど、冷房の効いた部屋で汗をかかずに過ごした後、暑い外に出たら体温調整が難しくなり自律神経のバランスが調整できなくなるのです。

自律神経の乱れはダメージにつながり、恐ろしいことに「老化」へと進んでいくのです!

1 交感神経優位

2 筋肉が緊張

3 血管が縮む

4 手足の先に血液が行きわたらない

5 疲労物質や老廃物が出されない

6 疲れがたまり体調不良になる

このような負のサイクルが夏の体調不良を引き起こすのですね。

たしかに私も冷房の効いた部屋にずっといると、気分が優れなくなりますよ。

もちろん、暑い外から帰ったときは涼しくて気持ちいいのですが、ずっとその中で過ごすと頭が痛くなってしまいます。

これは涼しい環境で血管が縮んでいるからなのですね。

対策

暑い外と冷房の効いた涼しい部屋の気温差が、自律神経の乱れを生むことはわかりました。

だからといって、冷房をつけなければ命の危険に関わりますから、どうしたらいいか悩みます。

自律神経を整えてダメージを回復させ、「老化」を進めないようにしたいですよね!

そのために大切なことは「睡眠」で疲労をとることになります。

ちゃんと寝ているのに、疲れが取れない気がする

その睡眠は質の良いものでしょうか?最近は、夜も冷房をつけなければ寝られないほど暑いですよね。

ただ、夜冷房をつけていると寒く感じることはありませんか?

人は明け方体温が高くなり体が目覚めようとするのですが、冷房で体が冷えてしまうと体温が上がらなくなり、結果起きられなくなるのです。

そう、私たちは昼も夜も冷房のついた部屋で過ごし、体温調整が困難な状況にあるのかもしれません。

そんな体を整えるために、最低限出来る対策をみてみましょう。

  • 湯船につかる
  • 腹巻やレッグウォーマーを着用する

<湯船につかる>

温かいお湯(夏場は40℃)につかることで、副交感神経が働きます。リラックスできるうえに、全身が温まり血液の流れが良くなるのです。

お風呂で軽く汗をかけば、老廃物が排出され疲労の回復につながりますよ

私はシャワーで済ませることが多かったのですが、体調を崩して以降は週に何度かお湯につかるようにしました。

それだけでも体が整うのを感じるようになったのです。このように、夜寝る前に自律神経を整えてリセットすることが大切なのですね。

<腹巻やレッグウォーマーを着用する>

お腹を触って冷たいと感じませんか?私は大体冷たいですが、これは内臓が冷えているということなのですよね。

お腹が冷えていると腸の動きも悪くなり、便秘や下痢を引き起こします。

私は先日お腹が張って辛くなったのですが、温めたらすっかり楽になりました。

正直冷えは良くないとわかってはいましたが、暑いからと冷たいものばかり摂取してしまい、結果内臓を冷やしてしまったのですね。

私のようにならないよう、お腹と足首は守ってください!夜の冷房は体を冷やしますから気をつけましょう。

また、冷房の温度も寒いと感じないくらいに調整することが大切です。

冷房だけでなくアイス枕や冷感寝具を使用すれば、寒くなるほど温度を下げる必要はなくなりますよ。

体温を適切に維持できれば、睡眠の質が良くなり自律神経が整うのでそのための対策をとることが大切です。

今の睡眠環境が体を冷やしすぎていないのか、見直してみませんか?

夏の体調を管理するためには食事も大切?必要な栄養は?

夏の体調を管理するためには食事も大切!必要な栄養は?

夏の体調を整えるためには、環境への対策だけでなく食事も大切です。もちろん、食事のバランスが大切なことはわかりますよね。

けれど実際暑くて食欲が落ちてしまいがちなので、なかなかバランスの良い食事で体調管理することは難しいものです。

私もバランスの良い食事はとれていません。ただ体が欲するものはどんな形でも取り入れようと思っています。

そう、体が欲しているものとはビタミンです。私は暑くなってから、無性にくだものやミックスジュースを欲するようになったのです。

そこで、体調が管理できる最低限の栄養について調べてみました。

体調管理に必要な栄養

夏の体調不良は自律神経の乱れで起こり、この状態が続くと自律神経のダメージにつながるのです。

自律神経は、交感神経が優位になると活性酸素を発生させて細胞を酸化させ、回復しないと老化につながります。

そのため、自律神経のバランスを整えないと、体がどんどん老いていってしまいます。

そこで私は自律神経を整えるのに必要な栄養について調べました。もちろん、食事のバランスは大切ですが、なかでもビタミンがキーポイントなのです。

以下に自律神経を整えるのに必要なビタミンについてあげてみました。

<ビタミンB群>

ビタミンB群は体の筋肉や神経の働きを正常に保ってくれます。

なかでもビタミンB12は摂取した栄養をエネルギーに変えるので、体の疲労回復につながりますよ。

またビタミンB6は免疫力の低下を防いだりタンパク質の代謝に関わったりと重要です。

ビタミンB群を含む食品

バナナ、納豆、鶏むね肉、レバー、魚など

バナナや納豆などは日常で取りいれやすい食品ですよね。

しかもバナナにはトリプトファンが含まれていて、摂取するとセロトニンという幸せホルモンが分泌されます。

あまり意識することはありませんが、幸せホルモンは体調管理につながるのですね!

<ビタミンA>

ビタミンAは自律神経の働きを整えてくれ、摂取することで血液の流れも改善できます。

冷え性で血液の流れが悪い人にはとてもありがたいですよね。

ビタミンAを含む食品

緑黄色野菜、卵、ウナギ

正直ウナギはなかなか食べられないけれど、緑黄色野菜や卵なら普段の食事で取りいれられますよ。

<ビタミンC>

ビタミンCには抗酸化作用があり、摂取することで老化の予防につながります。

またコラーゲンを作ることやストレスを抑制するホルモンの分泌にも関わっているのです。

ビタミンというとビタミンCをイメージすることが多いかもしれませんね。

ビタミンの代表格のようなビタミンCは自分で作り出せないので、食事や飲み物から取り入れなければいけないのです。

ビタミンCを多く含む食品

くだもの、ブロッコリー、ピーマン

やはり老化を防ぐといわれると「取り入れたい!」と思いますよね。

くだものは安いものではないから、糖分に気をつけてジュースなどでも取り入れても良いでしょう。

<ビタミンE>

ビタミンEは血液の流れを改善してくれます。また摂取することで新陳代謝が活発になり、美しい肌を保てるようになりますよ。

ビタミンEを多く含む食品

アーモンドなどのナッツ類、カボチャ

正直、意識しないとナッツ類は食べようと思わないかもしれません。これからは、おやつ代わりにナッツを食べればダイエットにもなりますよ。

栄養素を意識して食べることってなかなかしませんよね。けれど、体調が悪くなると「体の声を聞かなきゃいけない」と思います。

これは歳を重ねて感じるようになりました。やはり、体は食べ物でできているということなのですね。

ただ全てを食事から摂取するのは難しいかもしれません。それならば、サプリメントやジュースで補っても良いのではないでしょうか。

実際私は、ミックスジュースやサプリメントでもビタミンを摂取するとすっきりします。もちろん個人の見解ですので、あなたのことは体が教えてくれるでしょう。

あなたに合った方法で、体調を管理するためのビタミンの摂取方法を選んでくださいね。

まとめ

まとめ
  • 夏の体調不良は「急激な気温の変化に体の調整が追いつかない」「冷房の使用により自律神経が乱れている」ことで起こる
  • 体調を整える対策は自律神経のバランスを整えることが大切
  • 質の良い睡眠が自律神経を整えることにつながる
  • 夏の体調を整える対策には食事も必要で、ビタミン摂取がより大切である

夏の暑さはきっと来年以降も厳しくなることでしょう。その暑さに負けないよう、体調を整える対策を知っておくことが必要です。

この知識は、気温が変化する季節にも役に立つことでしょう。

外に出て暑さを感じ、それをパワーにして日々乗り越えていきたいものです。ですからどうか、ちゃんと体の声を聞き、無理しないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました